北海道とともに、世界へ

北海道とともに、世界へ

北海道コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことを書く北海道コンサドーレ札幌非公式応援ブログです。

サカつく7 2年目11月

■2年目11月
ヤスが他クラブからオファーが来てるので自分を残したいなら契約延長してくれと言ってきた。
悩むことしばし。

第39節 H鳥取1ー1△

             得都倉20(15分)
             得ハメド(19分)

苦手な鳥取に引き分け、3位に陥落。ホームで勝てないな。

第40節 A草津2ー2△
             得戸田(27分)、リンコン(62分)
             得ベンス30(17分)、31(48分)

第41節 H熊本1ー0○
             得兵藤13(60分)

最終節を前にしての順位は

順位          勝点  勝  分 負 得 失 差
     1 磐田    83  25   8  8   88 40 48
     2 札幌    82  24 10  7   85 31 54
     3 新潟    82  25   7  9   72 35 37

磐田急に浮上。いずれにしても、札幌の優勝の条件は

札幌が勝った場合
磐田が負けるか引き分け

札幌が引き分けた場合
磐田が負ける

ことが必要。
最終節はこれまた苦手な徳島。柿谷とドゥグラスにヤラれる未来しか見えない。

最終節 A 徳島0ー2○
            得ベンス32(74分)、33(79分)

あら、勝った。
が、順位は2位のままでした。


磐田の対戦相手が奈良ではどうにもならん。
何回リセットして、フラグ立て替えようにも奈良は全く磐田に歯が立たず。

優勝できなかったので諦めて2位で昇格します。

ベンスホップがエース、チームの大黒柱、兵藤がチャンスメーカー、チームの心臓に、石川が守備の要と呼ばれるようになる。

J 2最終順位
順位    勝点   勝  分  負 得  失 得失
  1 磐田    86 26   8    8  90 40   50
  2 札幌    85 25 10    7  87 31   56
  3 新潟    85 26   7    9  74 36   38

ーーーーーーJ 1昇格ーーーーー
  4 草津    83 25   8    9  81 50   31
  5 湘南    78 23   9 10  66 42   24
  6 栃木    75 22   9 11 74  48   26
  7 徳島    73 22   7 13 75  48   27
  8 福岡    71 21   8 13 70  45   25
  9 愛媛    68 20   8 14 67  56   11
10 岡山    68 20   8 14 57  50    7
11 鳥取    61 17 10 15 64  56    8
12 鳥栖    57 15 12 15 60  54    6
13 富山    56 16   8 18 57  67 -10
14 岐阜    55 16   7 19 54  70 -16
15 横浜F  52 14 10 18 50  62 -12
16 水戸    52 14 10 18 64  78 -14
17 熊本    41 11   8 23 50 77  -27
18 北Q     38 10   8 24 52 76  -17
19 東京V 38 10   8 24 43 72  -29
20 大分    31   6 13 23 36 80 -44
21 奈良    23   5   8 29 31 88 -57
22 島根    16   4   4 34 20 96 -76

 

新戦力の働きもあり2年目にしてJ1昇格を果たしました。

一時は首位に立っていたのですが、勝負弱い所が目立つ残念なシーズンでした。
補強もなかなか難しいところなので、有能なコーチを招聘して、J 1に挑みたい。目標はJ 1残留!