北海道とともに、世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

セレッソ戦後半

後半最初の交代はミンテに替えて河合?

ミンテがそこまで悪かった風には見えなかったがなぜ?リカルドとのミスマッチを考えての交替だとしたらベンチが試合開始前からミスを犯したことになるんだがな。

ヘイスは後半になると中央まで降りてきてボールを受けるようになると、 ボールがアタッキングゾーンまで運ばれるようになり改善された。

ダゾーンの解説も言っていたが、チャナはデビュー2戦目にして早くも課題が露呈した。チャナはドリブルやパスでは威力を発揮するし、ボディコンタクトもかわす技術を持ってはいるが、シュートの意識が希薄である。

そのためチャナ攻略の鍵は身体を寄せずにブロックをつくってパスとドリブルコースを消すことらしい。

そのためヘイスが下がってボールを受ける側になると得点源は都倉のみになってしまうというトクヘイチャナの弱点も明るみになってしまった。

それならばと今度は小野伸二投入。こんな感じになる。

ーーチャナーーー都倉ーー

ーーーーヘイスーーーーー

菅ーーーーーーー荒野

ーー兵藤ーー小野ーー

ー福森ー河合ー菊地ー

ーーーー金山ーーーー

小野が入ってからはボールを持たされていた時とは違って、小野を起点とし、ボールを保持して相手のミスをついて得点を目指す場面が随所に見られた。

 

後半ハイライトは菅のJ初ゴールのみ。良くぞあれに反応できた。

これまで糞味噌に言ってごめんよ。菅。

気持ちを感じる素晴らしいゴールだったよ。

だからこそのヘイスに替えて出すなら金園では無く裏に抜けられるスピードを持った内村だったんじゃないか。

パワープレイやらないなら高さはいらないし、ヘイス下げるならハイボール収まらないんだからパワープレイはやらないという選択でしょ?

相手監督の手堅いベンチワークがうらやましい。

だって、杉本はおろかリカルドサントスごときを戦力として使いこなしてるって凄く無いですか?

次はマリノス甲府と厳しいゲームが続きますが、しっかり疲れをとって次に備えて欲しい。