北海道とともに、世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

仙台戦(後半)

後半頭からまさかのジュリーニョアウト、菅君投入。

おいおいそこはせめてマセードとチェンジだろう。

次の鳥栖戦を考えてのことならわかるが。

四方田さんの菅君使いたい病発動かな。

 

48分単騎でサイドをかけ上がって上原を狙ったクロスをあげるなど違いを見せる菅君。

スペースが出来てくれば伸二にも期待できるんだけどなあ。

 

その後は相手守備陣が密集する右サイドで執拗にボールを運ぼうとする意味不明な攻撃を続ける。

 

2枚目のカードは荒野に替えて宮澤と。

荒野を休ませるためのカードを切ったか。

荒野は攻守に効いていたが、次の鳥栖戦を見据えた交替ということでやむを得ず。良策とは思えないが。案の定宮澤はゲームに入ることができていない。

 

そうこうしてたら、後半67分に札幌キラーの石原投入してきたよ。イヤだいやだ。

 

早坂のFWお試し起用しても良いのになー。

 

後半72分で都倉投入。

パワープレーかと思いきや伸二と交替か。

交替に意味が感じられない。

今日のメンバーの中では唯一の精度の良いパサーを下げると言うことは最後までボールを繋いで点を取るつもりなのかなあ。

パワープレーという選択肢は無いのか。

 

後半80分付近では都倉がポストで落として得点を期待する動きが少し見られたが、DFラインが疲れ果ててたのかなんなのか、最終ラインが低すぎて攻撃に上がって来る選手が遅いため、仙台守備陣が戻ってからようやく人数が揃う塩梅。

 

後半89分良い位置でFKを貰うけど、FKがいなくて都倉が蹴るありさま。

CKは菅君が蹴る。

 

結果論だが、ジュリーニョでは無くマセード交替、菅君左サイド、石井ちゃん右サイド。ボールを奪ったらとにかく左サイドから菅君のドリブル突破。

ジュリーニョと上原はクロスに合わせるの繰り返しだろう。

で、伸二⇔宮澤交替でパスの出所を確保。荒野を前線に上げても良い。

最後の交替はジュリーニョ⇔早坂。どうしても都倉を使いたいのならジュリーニョ⇔都倉で良い。

荒野には申し訳ないが、90分辛抱して貰う。

あれだけゲームを作っていたのだからムリができただろう。

なんて思ってたら試合終了。

理解できない選手起用は見ていて辛い。

 

ルヴァンは捨てても良いと言ったけど、リーグ戦に取っておきたい選手を無駄使いして負けるのはいただけない。

 

リーグ戦に悪影響を与えないことを祈る。