読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道から世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

G大阪U-23対鳥取

G大阪U - 23対ガイナーレ鳥取

J3開幕。

我らが中原彰吾はスタメン。

DAZNにて視聴しました。

 

恒さま率いるG 大阪U-23は4- 1- 2- 3という中々攻撃的な布陣。彰吾は2列目左MFでスタート。

試合が始まると右にずれた。

前半から積極的に相手陣内に攻めこむG 大阪。

中盤を支配するが最後の精度が今ひとつ。

鳥取はなんとなくカウンターを狙う感じとなるが、中央では自由にさせない守備をされて、こちらも前にボールを運べない。

彰吾は相手にタックルをくらい治療のためピッチ外に。左膝を故障しているらしいが大丈夫かな。古傷だった気がする。

ピッチに戻ってからは中央のアンカーの位置にポジションを移す。

中央でフリーになり前線にロングフィードを繰り返すという上里を彷彿させるプレー。

CKのキッカーを務めたり、押し込んだ際ミドルシュートを狙うなど気の効いたプレーを繰り返すが、足が遅いのと判断がワンテンポ遅れるのが気になるな。

と思ってたら前半終了。

後半はサイド攻撃に切り替えた鳥栖が大阪ゴールに攻め込むようになる。

そして62分頃、左サイドからのクロスに彰吾と大阪の選手が相手の18番の囮の動きに引っ掛かり足を止めた途端ドフリーにしてしまい失点。後半さらに追加点をあげられ試合はそのまま終了。

経験の差がモロに出てしまった敗戦でした。

 

因みに、鳥取ベンチに入っていた前俊は出番無し。旧札幌対決は実現しませんでした。