読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道から世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

ポジれたもんではない

コンサドーレ

仙台ー札幌

   1   ー   0

前半は押されつつも相手の決定力の無さに助けられて0ー0。

問題は無かったはず。

後半、選手の足が止まり出してきた頃、菊地を下げたのがトラブルによるものなのかなんなのかはわからん(後日左ふくらはぎの負傷と判明)が、兵藤を替えた時点で内村投入、3ー5ー2に戻して、ボールを納めることができる兵藤をトップ下に入れて、うっちーはジュリーニョあるいはマセードと交替させて裏を狙う動きを繰り返させればあるいは。

と思ってたのに、ベンチが選択したのは5ー4ー1。引き分け狙いだった。

なぜ逃げ切れると判断したのだろうか?

前線の選手は疲労していてプレスかからなくなってたから仙台はボール持ち放題だったじゃん。

先制されて、相手が引いてからうっちー入れてもどうにもならないよなぁ。

そこは上原と河合入れてパワープレーだろ。増嶋入るまでは高さでは勝ってたんだし。

 

中央のスペースを自らこじあけるためにワイドに保ち、サイドから攻めさせた仙台と、守りに入って逆に相手に勝ち点1をプレゼントしてしまう消極的采配。

守り通そうとしたってムリなのは経験済みじゃなかったのか?

 

仙台だから1失点で済んだけど、次節は浦和から3点とれちやう鞠。

ベンチはほんと反省して欲しい。