北海道から世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

岐阜戦を振り返る

第2節  FC岐阜ー北海道コンサドーレ札幌
スカパー!で観戦しました。小野、稲本が欠場し、代わりに上里、深井、さらに開幕戦はベンチ外だった福森が左CBで今季初スタメン。

■宮澤がTOP下。
宮澤のTOP下はバルバリ体制でありましたっけ。あまり良かったイメージが無い。
さ凄く心配だったんですよ。CBが河合さんなので、
DFラインが下がる。➡WB上がれなくなる。➡ボランチも下がる。➡宮澤あがりたがる。➡都倉&ジュリーニョサイドに流れてボール貰いに行き守備に追われる。➡(-_-)
と、勝手にネガってたんですが、中央の3人が位置を入れ替えながら、攻撃に守備にフォローにと動き回ってくれたお陰で、縦の距離感が間延びすることなく、パス回しが効果的に行われることにより、都倉が攻撃に専念することができ、ハットトリックに繋がったんじゃないかと思います。
それと、今季初スタメンの福森は最終ラインから攻撃を組み立てる良い働きをしていましたね。もはや札幌には無くてはならない選手になりました。
後半得点できなかったからどうこう言う方がいますけど、前半のような動きを90分求めるのがそもそも無理。無失点で終えたことが大事。
相手が岐阜だから出来たとま言えるけどね。

その他思ったこと。
■深井が怪我せず交代できて良かった。
■ヘイスは巧い。得点できるかはなんとも。
■マセード頑張ってた。もっとグイグイアピールしないとなかなかボール貰えないよ。
■ジュリーニョクロスの精度はなかなか。後半のチャンスはあれは決めなくちゃ。
■進藤ナイスアシスト。あの場面であそこにいることが凄い。

さぁ、来週はホーム開幕戦。
やっと生で観れる。
伸二&稲本は間に合わうのか、スタメンに戻すのかが気になる。

伸二&稲本がいなくても勝てたじゃ無く、伸二&稲本がいなかったから走れる選手を中盤で使い、勝てた。

来週のスタメン発表が楽しみ。