北海道から世界へ ~北海道コンサドーレ札幌と共に~

コンサドーレ札幌サポーターが、Twitterで呟けないようなことをここで書いてみます。

最近

コンサドーレ札幌の公式戦を観戦するため最近JRを利用している。
最初は車で向かっていたのであるが、ガソリン代、駐車場代、高速料金、などが、馬鹿にならないそうだ。
しかし、公共の乗り物は混雑するし、着替えだとか、応援グッズだとか、荷物をわんさか持って押し合いへし合い、快適に目的地へ向かうために自由席の座席を求めて行列にならんだりしなければならない。
人の視線と人混みと行列と待つことがすべて苦手な私は、公共の乗り物に乗ったってJR代、地下鉄代等かかるから同じではないかと反論したが、財務大臣にかなうはずがなく、JRでの参戦となった。

JRでの移動の利点はなんと言っても楽な点である。
札幌終点の列車に乗れば乗り過ごしの心配は薄いので、眠たくなったら寝れば良いし、その気になればアルコールの飲酒だって可能である。
車で行く場合はこうはいかない。

ただし、夏場のゲーム後、汗だく状態で地下鉄やJRに乗ることを考えると閉口だが、どうせ試合後スタジアムで着替えるのだし、必要最低限のエチケットを守っていれば、周囲の方も許してくれるであろう。

さらに、現地に行くまでと試合後帰宅するまでの時間、SNS等により他のサポーターと情報共有できるという最大級のメリットがある。これひとつをとってもかなり有意義かつ重要な利点である。

ま、札幌に住んでしまうのが、手っ取り早いんですけどね。